医療法人 いわい内科クリニック

春日市須玖北 の内科・消化器内科・内視鏡内科 医療法人 いわい内科クリニック

〒816-0864 福岡県春日市須玖北7丁目1-1
須玖北クリニックモール内

※モバイルサイト QRコードを読み取ってアクセス!
トップページ»  院内紹介

院内紹介

~ロゴマークの由来~


私どものクリニックのロゴマークの''は、いわい内科クリニックのイニシャルであるとともに、'人'を意味しています。いわい内科クリニックでは患者様お一人お一人を'人'として尊重したいという思い、そして以下にお示しする理念に共感して集まった'人々'(スタッフ及び関係者)の強い結束の象徴と考え、院長が自らデザイン致しました。

 

基本理念

私達はスタッフ各自が今まで培ってきた技術と経験を最大限に活用し、患者様にとって何がベストかを常に意識しつつ、真摯さと誠実さ、優しさを持って診療に臨みます。

患者様の人権、人格を尊重し、プライバシー(個人情報)の保護とインフォームドコンセント(十分な情報提供の上での合意)を厳守します。希望に応じカルテ開示やセカンドオピニオンにも積極的に対応します。

他の医療機関との連携を重視し、内科のホームドクターとして、消化器・内視鏡専門医、検診医として地域医療に貢献するよう努めます。

患者様に「ここに来て良かった。」と思って頂ける様な信頼のおける親しみやすい医療施設を理想として、スタッフ全員で協力し、努力・研鑽を積んで進化し続けます。

 

診療科目

内科,消化器内科,内視鏡内科,検診,禁煙外来,リハビリテーション科

 

医院の雰囲気・設備紹介


クリニック入り口

オレンジ色ののマークを目印にお入りください。


受付1

ダークブラウンが基調のシックな受付です。


受付2 

受付スタッフが丁寧に対応させて頂きます。


待合室1

モダンなデザインの明るくゆったりとした待合スペースです。


待合室2 

ベージュのシートでお名前をお呼びするまでお待ち下さい。


診察室前待合

診察室の入口です。結果待ちや次の診察の患者様はこちらのベンチシートでお待ち頂く事があります。


診察室

電子カルテ、画像システムを整備したシンプルかつ機能的な診察室です。モニターを見ながら説明が受けられます。


前処置室 

大腸内視鏡を受けられる方専用の個室です。プライバシーを重視しており専用ロッカー、トイレ、テレビを完備。快適に準備をして頂けます。前処置の薬剤も患者様の状態やご希望に応じ、最適なものを選んで準備致します。


内視鏡室

オリンパス社製の高画質上部通常内視鏡2本、経鼻用細径内視鏡1本、高画質大腸用内視鏡1本を常備。内視鏡洗浄器は十分な感染防止対策と洗浄剤の薬剤毒性の心配がいらない最新のオゾン水洗浄システムを使用しています。また、高周波を使ったポリープ切除術(内視鏡的粘膜切除術:EMR)や止血術も行っています。止血術は、高周波以外でも止血用クリップ、局注法、止血剤散布など状況に応じ院長の判断で最善の処置を致します。また、病理生検標本は、福大筑紫病院院長 岩下明徳教授にご診断頂いています。


透視室 

単純X線検査(胸部、腹部など)、胃透視、大腸透視、経口小腸造影を主に行います。画像はデジタル処理で検査直後にご説明可能です。


迅速検査

採血後、数分程度で血計、CRPが分かります。炎症の程度を知ることでリアルタイムでの診療方針が立てられます。また、結果は患者様にお持ち帰り頂けます。


エコー

腹部エコー、心エコーをはじめ、頸動脈、甲状腺、乳腺、婦人科、泌尿器科(前立腺など)等の対象部位を熟練のエコー技師により検査いたします。(要予約)


低周波1

痛みのポイントを刺激する低周波治療器です。


低周波2

‘凝り’に対しての効果が期待できる干渉低周波治療器です。


エクセレントメドマー

ソフトな空気の力で足先から太腿まで手もみ感覚でマッサージし、下肢のむくみや疲れ、冷え性、神経痛に効果があるとされるメドマーシリーズの最高機種エクセレントメドマー(EXM-12000)です。


温熱療法

血行促進作用が期待できる赤外線温熱治療器です。ペースメーカー、人工関節など体内に金属を埋め込みされている患者様は使用できません。


ウォーターベッド

水圧を利用した全身マッサージ器です。手技治療の様な心地よい刺激でリラックス効果も抜群です。


牽引機

従来の平面ベッドと異なり、動的にリクライニングし、理想的な前屈姿勢で少ない牽引力で安全かつ効果的に間欠牽引できます。


骨塩定量検査(MD法)

左手第2中手骨中央部のレントゲン撮影を行い3日後に検査結果をご説明致します。 基準値から70%未満を骨粗鬆症と診断します。
診断後は内服薬または月1回の静脈注射による治療が受けられます。 定期的に骨塩定量検査または、採血、採尿による骨代謝マーカーの測定で適切な治療がなされているかをフォローしていきます。


動脈硬化検査(血管年齢検査)

心疾患と脳血管疾患は、いずれも血管の壁が厚くなって弾力性が失われたり、狭くなってしまう「動脈硬化」が原因です。
このたび導入した血圧脈波検査装置(OMRON BP-203PRE III)は比較的簡単にbaPWV(血管のしなやかさ:血管年齢)とABI(血管のつまり具合)を同時に測定することができます。
両手、両足首の4か所の血圧を同時に測定する検査で、時間はわずか5分程度です。検査結果は検査直後に詳しい説明の上、用紙をお持ち帰り頂きます。